リハスタ活用のポイント

5回に分けて、菅原店長による、リハスタ使用の際のコツを伝授いたします。

第1回「大音量に気をつけろ!」

第2回「スピーカー類の注意点」

第3回「ハウリングについて」

第4回「ミキサーについて」

第5回「ギターアンプの使い方」

是非、ご覧ください。

第1回「大音量に気をつけろ!」

第1回は・・・

「大音量に気をつけろ!」です。

 

バンド練習で、よくよく気をつけたいのが全体の音量です。

特にドラムが力まかせに叩いてしまうと、

皆がそれに合わせてどんどんボリュームを上げていき、

その結果、全体の音量が飽和してしまい、

誰も自分の音が聴こえないという状況になりがちです。

 

ですので、空間に合わせたドラムの音量を基準に、

皆が自分の音を聴き取れるくらいの音量が最適です。

 

大きい音はミスを誤摩化せてしまい、

練習の効率も悪くなりがちです。

 

なるべく曲の質をあげるためにも

大音量には気をつけましょう。

第2回「スピーカー類の注意点」

第2回は・・・

「スピーカー類の注意点」です。

 

これはスタジオ全体的な鉄則ですが、

ミキサーやギターアンプのボリュームが上がったまま

シールド(ケーブル)を抜き差ししてはいけません。

ボリュームがあがったままでシールドを抜き差しすると、

アンプから「ボンッ!」と大きな音がでます。
これはスピーカーの故障や老朽化の原因ともなる、

アンプにとって絶対に良くない行為。
シールドを抜き差しする時は

必ずボリュームをゼロ!にしてから

(電源をoffにしてから)にしましょう。

機材は皆が使いますので丁寧に扱いましょう。

 

(これは当店に限らずスタジオの最低限のマナーでもあります)

第3回「ハウリングについて」

第3回は・・・

「ハウリングについて」です。

 

ハウリングについて質問を受けることがありますが、

ハウリングはマイクで拾った音がアンプで増幅され、

それをまたマイクが拾いさらに増幅される…といった現象です。

 

ですから、単純にスピーカーの音を拾わない方向、

逆の方向にマイクを向ければ止まるのはそのせいです。

 

それと余分な音をマイクが拾いすぎているせいでもありますので、

「ボー」っと低い音でハウリングするようなら

EQで低音部を下げる↓。

「キーン」と高い音でハウリングしていたら

EQで高音部を下げればおさまります。

 

だいたいは音量自体が大きいことが原因ですので、

バンドで合わせる場合など、

皆の音が聴こえるくらいの

適正な音量に気をつけることが大事です。

第4回「ミキサーについて」

第4回は・・・

「ミキサーについて」です。

さて、ミキサーの各役割を簡単にご説明します。

 

「INPUT」→マイクの入力

「GAIN」→マイク入力レベルの増幅

「AUX」→エフェクトなど外部入力の調整

「EQ」→各帯域の増減

「PAN」→左右のスピーカーから出る音のバランス

「MUTE」→指定したチャンネルの音を消す

「SOLO」→指定したチャンネルの音だけ出す

「VOLUME」→各チャンネルの音量

 

次にミキサーの使い方、音を出す手順です。

1.各フェーダー、ゼロまで下げる↓

2.電源 ON

3.マイクケーブルをINPUTに差す

4. マスターフェーダーを0dBまで上げる↑(一番右の赤いフェーダー)

5.マイクに向かって「ヘイヘイ〜」とか言いながら

ピークランプを確認しながらGAINを上げる↑

 (赤ランプがつく手前くらい)

 (ハウリングにもご注意下さい)

6.使用するチャンネルフェーダー(白)を上げて↑

スピーカーから音を出す

ミキサー等で使い方のわからないものがありましたら、

お気軽にスタッフにお聞き下さい。

第5回「ギターアンプの使い方」

第5回は・・・

「ギターアンプの使い方」です。

 

まずは『真空管アンプ』

当スタジオではマーシャル(黒と金色のギターアンプ)、

PEAVEY(真っ黒のギターアンプ)、

ベースアンプ全般が真空管アンプにあたります。

 真空管アンプは音がでるまでに2〜3分かかります。

 

以下、その手順になります。

 

1.電源をコンセントにつなぐ

2.上のヘッドアンプと下のスピーカーがケーブルでつながっているか確認する

3.ボリュームなどのツマミがすべてゼロになっているか確認する

4.POWERをオンにする

  この時(STANBYはオフ) ←ここ大事

5.2~3分ほど待つ

6.シールドを差す

7.STANDBYをオンにする

8.ボリュームを上げて音を出す

 

POWERをオンにしてから少し待つのは

真空管を暖めるためです。

 

ポイントはSTANBYスイッチです。

 

電源を落とすときには先ほどの手順を逆から行います。

(すなわちSTANBYオフにしてからPOWERオフ)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now